Rental Dress レンタルする人が増えている!~セレモニースーツやドレスの準備の仕方~
Rental Dress レンタルする人が増えている!~セレモニースーツやドレスの準備の仕方~

セレモニースーツやドレスをレンタルするときはこう選ぶ!

  • TOP
  • >
  • 衣装の準備や選び方

実際にセレモニースーツを準備しよう【タイプの違う3人のママで検証】

セレモニースーツを準備する方法には、主に3つのパターンがあります。それぞれのパターンによって異なるメリットがありますので、自分に合った方法で準備するのが一番です。ここでは、セレモニースーツの準備の仕方について見ていきましょう。

セレモニースーツの準備のパターン

こだわりママは「直接店舗で買う」
セレモニースーツは店舗のほうでは、結構いいお値段で販売されています。しかし、実際に商品を見た上で購入することができるので、デザインや素材などにこだわって自分の納得のいくものを選び抜くことができます。また、購入前に試着することができるので、サイズ選びで失敗することもありません。せっかくの子どもの晴れ舞台ですので、ある程度お金をかけてでもこだわって選びたいというママさんは、このようにセレモニースーツを準備することが多いようです。
節約ママは「ネット通販で買う」
デザインや素材などにそれほどこだわりはなく、とにかく費用を安く済ませたいという節約ママさんは、通販を利用してセレモニースーツを購入することが多いようです。店舗に置いてあるスーツに比べれば、若干質感は劣るかもしれませんが、店頭で販売されているものより5千円~1万円ほど安く購入することができます。また、取り扱っているデザインの種類も豊富なので、いろいろなデザインの中から選ぶことができますし、お気に入りのスーツは試着サービスを利用して実際に着てみることも可能です。自宅でゆっくり選ぶことができるので、忙しいママさんにもよく利用されています。
かしこいママは「レンタルショップで借りる」
頻繁に着る機会のないスーツを購入するのはもったいない、でも普段は着られないような高価なスーツを着たいというママさんは、レンタルショップで借りてセレモニースーツを準備する人が多いようです。レンタルショップを利用すると、費用を安く抑えられますし、劣化を防ぐためにお手入れなどをする必要もないので楽です。また、20代~50代まで幅広い年齢層に合わせてスーツが用意されており、入学式、卒業式のシーン別に最適なコーディネートを提案してくれるのも嬉しい点です。

セレモニースーツの準備の仕方にはいろいろな方法があり、人それぞれで最適な選び方というのは違いますが、コストパフォーマンスの高さを考えると、レンタルで借りたほうが経済的といえるでしょう。

普段あまり着用しないセレモニースーツはレンタル派が多数

様々なメリットがあることから、レンタルショップでセレモニースーツを借りる人が増えています。一番のメリットは、何と言っても費用を安く抑えられることでしょう。お店で購入するとなると、ジャケットワンピース、アクセサリー、バッグなどを全て合わせるとトータルで6万円くらいの費用がかかります。それがレンタルショップでは、10分の1の値段に抑えることができるのです。ショップによってレンタル費用は変わりますが、ジャケット、ワンピース、ネックレスの3点セット8000円程度でレンタルすることが可能です。また、様々なブランドを用意しているので、普段は着られない高価なスーツを着ることができるのもメリットです。

セレモニースーツはこうやって選ぼう

年齢別に選ぶ

20代
20代のママさんはまだまだおしゃれがしたい時期だと思いますので、比較的明るめのカラーのスーツを選ぶといいでしょう。明るめのグレーだと落ち着いた雰囲気もありつつ、暗くなりすぎないのでおすすめです。コサージュなどの小物をつけて華やかさをプラスするとよりいいです。
30代
30代のママさんは、清楚で上品な印象のコーディネートを意識するといいです。柄の入ったストッキングは避け、コサージュなども派手なものは選ばないようにしましょう。ワンピースの上からノーカラージャケットやテーラードジャケットなどを羽織ると、大人な印象を与えることができます。

学園の雰囲気で選ぶ

コンサバ系学園なら伝統と格式のあるスタイルで
伝統を重んじるコンサバ系の学園なら、黒の落ち着いた印象のスーツを選ぶと馴染むでしょう。しかし、タイツやストッキングまで黒にしてしまうと、喪服のような感じになってしまうため、足元は透け感があるナチュラルな色のストッキングを合わせるのがポイントです。また、サテントリミングやリボンを施したデザインのものは、地味になりすぎないのでおすすめです。
リベラル系学園なら知的な雰囲気漂うジャケットスタイルで
一般的な規則はあるものの、そこまで厳しい校風ではないリベラル系の学園ならば、かっちりしすぎずかつカジュアルになりすぎない程度のスーツを選ぶのがポイントです。スカートやパンツは黒などの落ち着いた色をチョイスして、ジャケットを割と明るめの色にすることで程よく上品な印象になります。ラメ入りのミックスツイードジャケットは、かしこまりすぎず若々しい印象を与えることができるのでおすすめです。
カジュアル系学園なら清潔感あるセットアップスタイルで
自由度の高い校風のカジュアル系学園なら、セットアップスタイルやオールインワンなどがおすすめです。単体で着るとラフな印象のオールインワンでも、上からジャケットを羽織ることで上品さをプラスすることができます。カラーはグレーやネイビーなどの落ち着いた色をチョイスすると、知的で清潔感のある雰囲気にまとまるでしょう。

セレモニースーツは、このように自分自身の年齢や学校の雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめです。子どもが通う学校の校風を予め把握しておくと、それに合わせてコーディネートを考えることができるので周りから浮く心配もないでしょう。

学校行事を実際に体験した現役ママのリアルな声

では、実際にセレモニースーツを着用した先輩ママ達はどうだったのでしょうか。体験談を見て今後の参考にしてみましょう。

ママ達の感想~その1~

卒業式後の謝恩会もお忘れなく
息子さんの卒業式に参加することになったEさん。卒業式が行なわれる1週間ほど前に謝恩会があることを思い出し、急きょレンタルドレスショップを利用し、ドレスを手配。本人曰く、謝恩会のことをすっかり忘れていて着ていくドレスを準備していなかったので、どうしよう!とかなり焦ったらしいですが、レンタルドレスショップがあってかなり助かったとのこと。急な依頼にも対応してもらえたので、とても助かったそうです。

このように学校によっては卒業式の後に謝恩会があるところもあるので、しっかり確認しておきましょう。ドレスの準備が必要なら前もってレンタルドレスショップに予約しておくことも忘れずに!

ママ達の感想~その2~

華やかな服装な人が多い
息子さんの小学校の入学式にシルバーのジャケットに黒のワンピースで出席したDさん。卒業式のようにブラックフォーマルな服装の人もちらほらいたそうですが、やはり入学式ということもあり、華やかな服装で参加している人が多かったようです。
ドレスの女性

これは地域によって傾向が違うので、地域の学校の雰囲気や特徴をリサーチして選ぶのがオススメ。それから、入学式や卒業式の時期の体育館は季節的に底冷えすることがあります。もちろん、これも地域によっては、館内に暖房設備が設置されていることもありますが、個人個人でも寒さ対策をしておきましょう。

体育館内で使用できる冷え対策グッズ

  • スリッパ
  • ひざ掛け
  • カイロ
  • レッグウォーマー

上記のアイテムを持参していれば安心です。また、スーツの中から薄手の防寒インナーを着用しておくと暖かくなるのでおすすめですよ。

同じ過ちは繰り返さない!先輩ママの恥ずかしい失敗談

中には、恥ずかしい思いをしたという先輩ママさん達もいます。そんな先輩ママさん達の失敗談を見ていきましょう。

全身真っ黒で浮きまくりでした

子どもの入学式に参加したときに、何を着ればいいのか分からなかったので、とりあえず地味系でまとめれば大丈夫かと思ってブラックフォーマルのセレモニースーツを着ていきました。ところが会場に着いてみると、年上のママさんでも明るめのカラーの服を着ていたので、全身真っ黒の私は浮きまくってしまいました。ママ友からも「お葬式みたいだね」と言われて、すごいへこみました…。

派手なドレスを選んで失敗!

息子の卒業式には、グレーのセレモニースーツを着て参加しました。その後、ホテルで謝恩会があると聞いていたので、レンタルショップでパーティードレスも借りたんですが、いざ会場に行ってみると相当場違いな恰好でした。きっと皆華やかなドレスを着て来るんだろうなと思って、派手めで露出の多いドレスを選んでしまったので、息子共々恥ずかしい思いをしました…。

このように勝手な思い込みでスーツやドレスを選んでしまうと、恥ずかしい思いをすることもあるようです。このような恥ずかしい思いをしないためにも、事前に他のママさん達に聞いてみて他の人がどんな服装で参加するのかリサーチしておくことが大事です。

卒業式後に謝恩会があるならパーティードレスもそろえよう

学校によっては、卒業式の後に父母も参加する謝恩会が開かれることがあります。そこで、謝恩会に参加する際のファッションルールとマナーについて把握しておきましょう。

ママさんが知っておくべき謝恩会とは

謝恩会は、お世話になった先生方に感謝の意を表す場として、卒業式の後に開かれるものです。会場は学校によってまちまちで、ホテルなどの大規模な場所で行なう場合もあれば、小規模な場所で行なう場合もあります。大規模な会場で行なう場合は、パーティードレスに着替えることもあるのでその場に相応しい衣装を用意しておきましょう。

謝恩会で恥をかかないパーティードレス選び

これで謝恩会も大丈夫!ママにおすすめのパーティードレス
謝恩会は、基本的に卒業式で着用したセレモニースーツをそのまま着ても特に問題はありません。ドレスを着る場合は、主役の先生や子ども達よりも目立たないように、控えめにするのがポイントです。会場の雰囲気に合わせて選ぶと、周りから浮く心配がないでしょう。小規模な会場ならカジュアルなデザインのワンピースとジャケット、ホテルなどの大きい会場ならシンプルなデザインのスカートスーツにジャケットを合わせるとベターです。
ママのパーティードレスはセオリーカラーが無難
謝恩会で着用するドレスは、卒業式よりも少し明るめの色をチョイスしても大丈夫です。ドレスはもちろん、ブラックフォーマルなスーツを着る場合でも、コサージュやアクセサリーでワンポイント加えてあげると、華やかな印象になります。また、ストッキングは黒ではなく肌に近いベージュ系の色を選ぶと、地味になりすぎることがないのでおすすめです。

謝恩会で着る服に迷ったら、会場の規模や雰囲気に合わせて選ぶこと、卒業式よりは明るめの色の服をチョイスすることをポイントにコーディネートするといいでしょう。派手になりすぎず、かと言って極端に地味にならないように注意しながら選ぶようにするといいです。

TOPボタン