Rental Dress 行事ファッションはレンタルで準備しよう〜セレモニースーツからドレスまで〜
Rental Dress 行事ファッションはレンタルで準備しよう〜セレモニースーツからドレスまで〜

子どもの行事に最適なドレスやセレモニースーツはレンタルがお得

シーン別にみるママ達のファッションに関する悩み

子どもが成長すると共に、学校の行事やママ友との集まりなどに参加する機会も増えていきます。そんなときに「どんな服を着ていけばいいんだろう?」と悩むママさんも多いのではないでしょうか。そんなママ達にTPOをわきまえたファッションについてご紹介していきます。

TPOを無視したファッションは批判を受けやすい

若い頃は自由に好きなファッションを楽しめたものの、大人になればTPOをわきまえたファッションをすることが求められるようになります。特に子どもが成長してくると、入学式や卒業式、謝恩会、ママ友の集まりなど様々なシチュエーションの場に参加することになります。その際にTPOを無視したファッションをすると、周りから批判されてしまうでしょう。ママ友の集まりに派手目なドレスで参加したり、逆に謝恩会などの華やかな場へ地味なスーツで出かけたり…。自分ではおしゃれをして、身だしなみを整えたつもりでも周りから浮いてしまうことがあります。TPOに合ったファッションをするには、「おしゃれ」と「身だしなみ」を混同しないことが大切です。その場の状況を考えて、最適なファッションをするように心がけましょう。

特別なイベントに参加する時のママ達のファッション

ママ友との定例懇親会に参加する際のファッション…
よくママ友との定例懇親会でランチやディナーをするというAさん。Aさんが参加する定例懇親会の場合、ランチタイムはこれといったドレスコードが決まっていることはあまりないが、ホテルのレストランでディナーをする際には最低限のドレスコードが指定されているのだとか。そこでAさんは、ディナーに参加する際には控えめなパーティードレスを着用しているそうです。また、格式の高いホテルだと、ランチタイムでもドレスコードが指定されていることもあるので、その場合は普段着よりも少しおしゃれなテイストを入れた「スマートカジュアル」を意識したドレスを選ぶのもおすすめです。また、このような懇親会が定期的にある場合、毎回ドレスを購入していると出費も多くなってしまうので、レンタルドレスショップを活用してみるのもいいかもしれません。
同窓会のパーティーに参加する際のファッション…
子どもが産まれる前後というのは妊娠、出産、子育て、というように、ママにとってはかなり忙しい時期になります。同窓会にお呼ばれしても子どもが小さい頃はなかなか参加しづらい。というママも多いはずです。Bさんの場合、子どもがある程度大きくなってきたので、同窓会に参加することを決心。このようなイベントに参加するのが久しぶりだったBさんは、豊富な種類を取り揃えており、自分好みのドレスを自由に選ぶことができるレンタルドレスショップを利用することにしました。Bさんがレンタルドレスショップを利用するときに意識したのが、会場や目的、年齢に合ったドレス選びです。同窓会は居酒屋などの会場でフランクに行なわれることもあれば、ホテルのレストランやちょっと上品なバーラウンジを貸し切って行なうこともあります。それぞれの会場の雰囲気を考えてドレスを選ぶことを意識した結果、久しぶりの同窓会を思う存分楽しめたそうです。また同窓会に参加する際のドレス選びのワンポイントアドバイスとしては、同窓会の目的や意義を見失なわない、ということ。同窓会の目的はあくまでも「昔の友人達と楽しくおしゃべりすること」。目的と年齢に合わない短過ぎる丈のドレスや過度な露出のあるようなセクシー過ぎるドレスは避けておくのが無難ですね。
入学式や卒業式といった学校行事の際のファッション…
子どもの成長に合わせて保護者が参加しなくてはいけないイベント毎は多くなってきます。その代表例として挙げられるのが、子どもの入学式や卒業式ではないでしょうか。子どもの学年や通っている学校の雰囲気によって異なりますが、一般的にそういった場にふさわしい服として多くの保護者に着用されているのがセレモニースーツになります。Cさんの場合、イベント時に着用するドレスは多く持っていましたが、入学式や卒業式にふさわしいスーツは持っていませんでした。そこでスーツを購入することに決め、「デパートなら安いだろう」と思って見に行った結果…上下セットで5万~10万円くらいのものがほとんど。思ったより値段が高くてビックリしたそうです。セレモニースーツの平均的相場価格としては一般的な価格帯ではありますが、普段、かしこまった服を準備する際に、レンタルドレスショップを利用しているCさんからすると、そんなに安くないなと感じてしまったのも無理はないかもしれません。

セレモニースーツもパーティードレスのように購入&レンタルできる!

一般的にパーティードレスを用意するときは、レンタルを利用するという選択肢は思い浮かびやすいですが、セレモニースーツを用意するとなると購入するしかないと思っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、最近ではパーティードレスと一緒にセレモニースーツも取り扱っているレンタルショップが増えているのです。 そのため、セレモニースーツを用意するときは、購入という選択肢だけでなくレンタルを利用して用意するという方法もある、ということを視野に入れて準備するといいでしょう。下記におすすめのショップを紹介するのでぜひチェックしてみてください!

おすすめリンク

Yahoo!ショッピング

カジュアルファッションから正統派スーツまで揃う!品質にこだわってパーティードレスを選びたいなら、人気通販サイトでチェックしてみましょう。

おしゃれコンシャス

おしゃれなドレスからセレモニースーツまで揃うドレスレンタルの専門店がこちら。TPOに合わせたファッションが簡単に叶いますよ!

入園入学を控えたお子さんがいるママ必見!セレモニースーツデビュー

女性

最近では、入学式や卒業式に参加する保護者のほとんどがスーツを着用するようになっています。そこで、セレモニースーツを着用する際の疑問点についてまとめてみましたので、参加する前にしっかり疑問を解消しておきましょう。

年頃の子どもをもつママが気になるポイント

そもそもセレモニースーツってなんだろう
セレモニースーツとは、簡単に言うと冠婚葬祭で着用する華美すぎない控えめなスーツのことです。一般的にセレモニースーツと言うとファッション性が低く、地味なイメージが強いと思いますが、カラーやスタイル、小物などを組み合わせてコーディネートすれば、TPOをわきまえつつファッションを楽しむこともできるんです。例えば、シックな色のジャケットでもインナーを明るめにすれば、華やかな印象になってお祝いの席でも着用できるようになります。また、セレモニースーツは、コサージュやリボンなどがセットで販売されていることが多いので、シーンごとに合わせてアクセントを加えることもできますよ。
子どもの学年に応じてセレモニースーツは変えるのがPOINT
基本的に学年に応じてセレモニースーツを変えないといけない、という決まりは特にありません。ですが、小学校と中学校では人気のあるスーツの傾向に違いがあります。小学校の入学式だと、ワンピースやスカートスーツ、中学校では、ある程度年齢を重ねているお母さんが多いので、パンツスタイルのスーツ、というように、年相応の着こなしをするのがポイントです。
入学式、卒業式でNGなファッション
ミニスカートやノースリーブなどの露出が多い服装、生足や派手な柄のストッキング、高すぎるヒールなどは学校行事のイベント時のファッションとしてはあまり良くありません。入学式や卒業式は子どもの門出を祝うのが目的なので、その場の雰囲気にそぐわない恰好は控えるのが無難です。またシルバーやゴールドのアクセサリーもチャラついた印象を与えてしまいかねないので極力NG。アクセサリーを付けるならパール(真珠)がGOOD。それから、NGというわけではないですが、チュニックは年齢が高く見られてしまうことが多いので、なるべく避けたほうがいいでしょう。
結局のところセレモニースーツやドレスは購入とレンタルどっちが良いのか
セレモニースーツを購入するとなると結構な値段になることが多いです。コスパを考えるなら購入したスーツを何度も着用したいと思う人は多いでしょうがそれは難しいかもしれません。例えば、子どもが保育園から大学を卒業するまで約20年あります。もちろん、その20年の間に世間のトレンドも変化しますし、スーツ自体もどんどん劣化していくことでしょう。またその20年間で入学(入園)式や卒業(卒園)式の回数はたったの12回程度。そういった面を考慮すると、購入するよりもレンタルするほうがメリットが大きいと感じる人が多いのにもうなずけます。レンタルドレスショップを利用すればその時代のトレンドに合ったものを選ぶことができますし、スーツの劣化や保管方法を心配する必要もありません。

式に合わせたドレスコードを意識しよう

入学式と卒業式で変わるスーツの特徴

入学式
入学式は子どもの出発を祝う晴れの日なので、お祝いの意味を込めてベージュやピンク、サックスなどのパステルカラーで華やかな印象に仕上げるのがおすすめです。また、コサージュやスカーフを使ってアクセントを加えるのもいいでしょう。そのほか、パンプスはヒールが5㎝まででつま先が開いていないものを、バッグはブランドを強調したものは避けてフォーマルなものを選ぶのがポイントです。
卒業式
卒業式は「別れ」の意味を持つ式典なので、入学式とは対照的に黒やチャコール、グレー、ネイビーなどの落ち着いた色でかっちりまとめるのがポイントです。しかし、暗くなりすぎるとお葬式ファッションのようになってしまうので、パールのアクセサリーやコサージュなどでアクセントを入れて華やかさをプラスしてあげるといいでしょう。

セレモニースーツは、保育園や幼稚園、小中高、大学など、子どもの通っている学校や、その学校の校風などに合わせて選ぶことが大切です。学校によっても、コンサバ(保守的)なところもあれば、リベラル(自由)なところもあります。その場に最適なスーツを選ぶには、先輩ママ達に聞いて他の人がどんな服装で参加しているのかを確認しておくといいですね。

TOPボタン